同じ手口で騙そうとする悪徳商法を止めるための効果的な相談

法律

悪徳商法かな?と契約をした後に思ったら

悪徳商法というのは、売り込み、宣伝すべてにおいて優れており、ついつい購入しようかなという気にさせられることがあります。そのため購入をするときに、これは絶対に悪徳商法だとわかって購入を決める人はいません。
でも少し冷静になってみると、やっぱりうまい話だったのかな?本当に購入する必要があるのだろうかと考え直すことがあります。そのように感じた時にはどのように対処したらいいのでしょうか。購入手続きをとったのだから、もう購入するしかないのでしょうか。購入後考え直して、やはり必要ないと思ったら、購入するべきではありません。
そのようなときの救済措置として、クーリングオフというシステムがあります。これは契約後の冷却期間ともいえる時間であり、消費者が冷静にもう一度購入を検討できる時間でもあるのですね。もしも契約をしてこの期間の間に、必要がないと判断したら、決められた期間に書面で提出することにより、契約を白紙に戻すことができます。そして悪徳商法の被害を逃れることができるのですね。
このクーリングオフという制度を知っていればもしも何らかの大きな契約をする時にも、一応クーリングオフができるかどうかを確認をすることができます。また契約をしても解除の手続きができるので安心ですね。

新着記事一覧

2017年08月29日
空きテナントを使った催眠商法にご注意をを更新しました。
2017年08月29日
普段からアンテナを張っておくと良いですを更新しました。
2017年08月29日
在宅ワークでの悪徳商法における注意点を更新しました。
2017年08月29日
悪徳商法かな?と契約をした後に思ったらを更新しました。
TOP