同じ手口で騙そうとする悪徳商法を止めるための効果的な相談

法律

悪徳商法にあったらまず相談

三人の男性

悪徳商法は、日々進化しているといっても過言ではありません。色々な悪徳商法が横行しています。特に、狙われるのが高齢者などです。高齢者は、悪徳業者からみると騙しやすくお金を持っているという風にみられています。その為、様々な商品やサービスを高額な値段で売りつけるなどといった被害が出ています。
例えば、高級な羽毛布団などといって高額な布団を売りつけたりなどというのが実際にあります。悪徳商法に関して言えば、まずは第一段階として引っかからない。相手にしないというのが1番なんですが、そういってもやはり色々な手口で騙そうとするのでついつい引っかかってしまったということもあるでしょう。そういった時には、まずは1人で悩まずに相談する事が必要です。
そうする事で同じ手口で騙そうとする悪徳商法の被害を食い止めることにもなります。相談するにはどこで相談をすれば良いのかわからないという人もいるでしょう。相談するのは、消費者センターや国民生活センターなどが有名です。または、より専門家に相談するという場合には弁護士事務所で相談をすると良いでしょう。1番いけないのが1人で悩んでしまうことです。次の被害を出さない為にも、相談することをおすすめします。

悪徳商法の被害にあった時の相談方法

世の中には良い人が多いですが、悪い人も少なからず存在しています。悪い人は相手を騙す事を悪いと思っていないので美味しい話を持ち掛けてくる事がよくあります。それにより騙されてしまい悪徳商法の被害を受けてしまう人も増えてきています。悪徳商法の被害を受けた時はまず冷静になって対処法を考えていく必要があります。そこで悪徳商法の被害にあった時に相談方法をいくつか挙げていく事にしましょう。
【家族に相談する】悪徳商法の被害にあった時はまず家族に相談してどうすればいいのか話し合う事が大切になってきます。家族に相談する事でいろいろな対処法を見つける事が出来るので最初に家族に相談してみましょう。
【国民生活センターに相談する】国民生活センターは国民の生活をしっかりサポートする独立行政法人なので悪徳商法の被害にあった時に相談する事が出来ます。悪徳商法の被害にあった時の対処法などをしっかりアドバイスしてくれるので国民生活センターに相談するのも一つの方法です。
【警察に相談する】悪徳商法の被害にあった時に自分の身が危険だと感じた時は警察にも相談しましょう。警察に相談する事で自分の身が危険だと感じた時の対処法をしっかりアドバイスしてもらう事が出来ます。

怪しいサイトに誘導するワンクリック詐欺

ネットサーフィン中につい怪しいサイトを覗いてしまい、「会員登録完了」などと表示されるページのリンクを踏んでしまうことがあります。いわゆるワンクリック詐欺で「〇日以内に〇万円振り込め」「期限内に支払わないと厳しく取り立てる」などと書かれていて、「怖くなった」とたまに知人などから相談されます。
アダルトサイトなどを使ったよくある悪徳商法で、インターネットに詳しい人なら騙されないと思いますが、インターネットの知識がない人は悪徳商法と分からずにこのようなページが突然表示されるとパニックになってしまい、本当にお金を振り込んでしまう人も居ます。もちろん騙して会員登録手続き(手続きと言えないほどお粗末ですが)させてるわけですから契約は成立しません。電話番号やメールアドレスなどの個人情報を入力していないのなら、無視してしまえば相手は何もできません。
「IPアドレスから突きとめるぞ」などと言って騙そうとする業者も居ますが、IPアドレスだけではおおまかな地域とプロバイダくらいしか分かりませんから安心してください。ただし、巧妙に個人情報を入力させるような業者の場合はちょっと厄介です。実際に家まで取り立てに来ることはまずありませんが、電話やメールでしつこく支払いを催促してきたり、悪徳商法のやり方が酷い場合は脅迫してくる場合もあります。この場合は速やかに消費者生活センターへ相談か最寄りの警察に相談しましよう。

新着記事一覧

2017年08月29日
空きテナントを使った催眠商法にご注意をを更新しました。
2017年08月29日
普段からアンテナを張っておくと良いですを更新しました。
2017年08月29日
在宅ワークでの悪徳商法における注意点を更新しました。
2017年08月29日
悪徳商法かな?と契約をした後に思ったらを更新しました。
TOP